車のエンジンは伝達装置であるトランスミッションを必要とします。それは効率良く使える回転数が決まっているからであり、それをギアによって変えてやるわけです。ここではトランスミッションの種類について、特に走行性の面から比較してみたいと思います。
MT=マニュアルトランスミッションは、読んで字の如くギアチェンジを手動で行います。ATの登場する前は主流のトランスミッションでした。この方式の最大の魅力は、何と言ってもギアチェンジを任意で行えるということです。後述するATの場合は、人間の操作と機械作動にどうしてもロスが生じ、エンジンの最適な回転数の選択が行えないことがしばしばあり、結果的にマニュアルトランスミッションよりもタイムが伸びないことが多いです。AT=オートマチックトランスミッションは、ギアチェンジを車速やエンジン回転数に応じて自動的に切り替えるというものです。この方式の利点は、正にこの方式の開発の発端であるイージードライブに他なりません(クラッチ操作とシフト操作の省略。主に前者の方)。ただATの場合、上記の問題の他、勝手にシフトアップ、シフトダウンするといった人間の意志に機械の作動がそぐわないことがあります。またこの方式ならではの変速ショックもひとつのデメリットとして挙げることができます。CVTもオートマチックトランスミッション同様、自動式には違いないのですが、最大の違いは無段変速機であるということです。それ故、オートマチックトランスミッションにおける回転数の選択ミスや変速ショックもありません。しかしながら、全自動故の機械的なフィーリングを好まない層も存在します。