MT、AT、CVTの違いは?

| 未分類 |

エンジンの力を車輪に伝えるためにはトランスミッションが必要になります。
このトランスミッションにも幾つかの種類があり、特性があります。
まずMTはエンジン回転や速度に合わせた適切なギアを手動で選び、チェンジする必要があります。そのためアクセルとブレーキ以外にクラッチペダルも装備されています。
そのため操作手順は少し多くなりますが、自分でギヤを選びながら走る楽しさがあり、スポーツタイプの車にも多用されています。
そしてATは主流になっているトランスミッションで、自動で適切なギアを選んでチェンジしてくれます。クラッチペダルもないので操作もシンプルです。
AT車は運転に不慣れな方にも大変便利ですし、渋滞時の止まってはスタートを繰り返す状況での運転でも疲れずに操作できるメリットがあります。
またCVTというのはギアではなく、二つの大きな輪であるプーリーを金属のベルトで結び、プーリーの径を変えることにより変速を行なうものです。
これは無段変速とも呼ばれ、滑らかな走りができることが大きな特徴となっています。
また燃費の良いトランスミッションとしても注目され多く活用されるようになっています。
このようにトランスミッションには様々な違いがありますので、その特性を理解して自分に合う車を選ぶことは快適なカーライフには欠かせません。