自動車のブレーキは安全走行に直結している部品の中でもとりわけ重要なパーツとなりますのでその仕組みについて知っておくことは大切なことです。
まずドラムブレーキの仕組みはホイールと共に回転しているドラムと呼ばれる部分の内側にライニングといわれる摩擦材を貼ったブレーキシューがあります。ブレーキを踏むことによってブレーキシューはドラムの内側に押しつけられて、ブレーキをかけることができるというものです。
特徴として通常の使用の場合ブレーキの効きが非常に良いというメリットがありますが、デメリットとして熱がこもりやすく多様すると効き目が悪くなるので峠のくだりなどの多様には注意する必要があります。
ではディスクブレーキとの違いに関しては、ディスクは外側から挟む仕組みになっているという点です。
ディスクローターをブレーキバッドを押しつける役割を果たすキャリパーとブレーキパッドが挟み込んでいて、ブレーキを踏むとピストンによってキャリパーのなかにあるブレーキパッドが押し出されディスクローターと接触しスピードを落とすことができます。熱や雨にも強いという特徴があります。
重要なパーツですので定期的に点検して安全で快適なカーライフを楽しみましょう。