ディスクブレーキとは、ディスクの名の通り、円板状のディスクローターを、ディスクキャリパーに装着されたブレーキパッドで挟み込んで制動力を得る構造のブレーキです。ドラムブレーキは、密封されたドラムの中のブレーキシューが広がり、ドラムに接触することで制動力を得ます。ディスク方式は、ブレーキシステムが剥き出しなので、放熱性が非常に高く、自動車の高速化には必需品でした。また、ブレーキダストも、クリーニングしやすい構造です。ドラムブレーキは、ドラムを外して分解整備を行わないとクリーニングができませんでした。システムの発展性もディスクタイプが上です。制動力向上の術が、ドラムブレーキは、ドラムに放熱用のフィンを増設するくらいに対して、ディスクタイプは、ローターをベンチレーテッドタイプにして、放熱性を飛躍的に向上させたり、キャリパー内のピストン数を増やすことで、制動力を高めることが可能です。また、ブレーキパッドも管単位交換が可能でした。ドラムブレーキのブレーキシューの交換はサンデーメカニックには難しく、整備工場での施工を推奨します。ディスクタイプなら、ブレーキパッドの交換は比較的楽に行う事が可能となります。