AMT、DCTとは

| 未分類 |

車には様々なトランスミッション形式があります。MT、AT、CVTなどです。これらのトランスミッション形式は、時に操縦の面白さを追求して、時にイージードライブを追求して、また時には燃費を追及して選択されています。MTがあらゆるトランスミッションの源流とするならば、ATはクラッチペダルを廃したギアチェンジの自動化の追及の産物と言えます。しかしながらATの持つ重量増、燃費の悪化、ダイレクトなフィーリングのスポイル、タイムロス、変速ショック、人間の感覚と機械の自動的な作動がそぐわないなどの不可避的な要素を嫌って更に新たなトランスミッション形式の追求が行われました。それがAMT(オートメーテッドAT)であり、別称セミATとも、2ペダルMTとも呼ばれます。セミATの開発は、部分的にイージードライブの実現やMTに不慣れなドライバーへの対応、更には新技術のアピールがあったとしても、機構的にはクラッチやギアを用いたMTに近いことから、前述したATの不可避的な要素やトルコンのマイナス部分を嫌って採用されたことは明白です。つまりイージードライブを優先して開発されたわけではないということです。
更にセミATの延長線上にあるのが、現在最先端のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)です。これも機構的にはクラッチとギアを用いることからMTに近いもので、クラッチ、変速操作をコンピューターによって自動化するというセミATの延長線上にあるトランスミッションです。DCTとセミATの一番の違いは、クラッチ、ギアが2系統か1系統かということです。DCTは、ギアの切り換えが驚異的に速いという特徴を持っています。